読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシとキレイ

ちょっとだけ身体の弱い私の美容ブログ。

絶品!おうちで出来る《おいしい甘酒》の作り方

f:id:w-kirei:20170305213816j:plain

 
こんばんは。突然ですが、このブログのURLが変わりました!
独自ドメインにしてURLもスッキリしたことだし、これからはもっと記事書けるかな♪
 
いや書きます。本気です。信じて!!!
 
******
 
さて、巷では甘酒が大流行しているみたいですね。
我が家でも毎晩母が作った甘酒を飲んでいるのですが、それがめちゃくちゃ美味しいのです。
 
「え、甘酒って作れるの!?」
 
と思っているそこのあなた!
甘酒は米と麹があれば作れますし、なんなら市販のものを買うよりも安く済みます。
炊飯器を使えば簡単にできちゃうのよ(*ノv`)b
 
ということで、今回は家庭で出来るおいしい甘酒の作り方を紹介します♪
 
 《目次》
 

0:準備(用意するもの)

f:id:w-kirei:20170305212507j:plain

今回はあいち赤だし味噌(株)の「手作りこうじ」を使用しました。

 

甘酒作りに必要な材料と道具はこちら!

特別な道具を使わない点がとてもリーズナブル◎

  • 炊飯器
  • 米1合
  • 低温乾燥の米麹
  • しゃもじ
  • ボール
  • 温度計

 

しゃもじとボールは事前に熱湯消毒しておきましょう。

温度計もしっかり洗ってから使うといいですね!

麹菌以外の菌は全てサヨナラしておくのがミソです。

 

さーあ、準備が整ったら早速作っていきましょう♪

 

 

1:米を炊飯器のおかゆモードで炊く

 

f:id:w-kirei:20170305232055j:plain

(このおかゆが甘酒のベースになるのです…!)

 

米1合を炊飯器のおかゆモードで炊きます。 

炊き上がったらしゃもじでしっかりとかき混ぜます。

 

ここでかき混ぜるときに炊飯器の内釜を取らないようにしましょう!

(↑再加熱する際に温度調整ができなくなってしまうので)

 

そして混ぜ終わったらしばらく保温。

温度計で測った時にだいたい62〜3℃になっていたら頃合いです。

おかゆを保温している間に麹の準備をしておきましょう!

 

 

2:ボールに麹を入れてパラッパラにほぐす

 

 おかゆに麹を混ぜる前に、くっついた麹をパラパラにしておきます。

 

f:id:w-kirei:20170305222504j:plain

市販の麹には初めからパラパラになっているものと1つにまとまっているものがあります。

今回使った「手作りこうじ」は四角にまとまっていました。

これはバラし甲斐がありますね(笑)

 

f:id:w-kirei:20170305223845j:plain

 

正直この作業、めちゃくちゃ気持ちいいです。癖になります。

そしてパラパラになった麹がこちら!!

 

f:id:w-kirei:20170305224034j:plain

 

すごい!米みたい!!!

(※米麹です)

 

さあ、この麹を炊飯器に投入しちゃいます♪

 

 

3:おかゆと麹をかき混ぜて馴染ませる

 

先ほどほぐした麹を炊飯器にドバッと入れちゃいます。

そしておかゆと馴染むようにしっかりと混ぜていきましょう。

 

f:id:w-kirei:20170305225810j:plain

\ドバッ/

 

かき混ぜていくうちにおかゆ特有のモッタリ感が無くなってきます。

これは炊飯器の中で麹菌が活動を始めているサイン。

麹って生きているんですね!!

 

f:id:w-kirei:20170305230437j:plain

↑一生懸命かき混ぜすぎて手元がブレてる図

 

 おかゆと麹がうまい具合に混ざると、一旦味見してみたくなるものです。

が…今は我慢!甘酒作りに欠かせないとっても大事な工程が待っているのでね!

 

 

4:おかゆと麹を再加熱する

 

麹を入れてかき混ぜたことによって、炊飯器の中の温度はかなり下がります。

温度が低すぎると麹菌の活動があまり芳しくないので、炊飯器の再加熱モードを使って冷めたおかゆと麹を温めてしまいましょう。

 

ここで大事なのが、炊飯器の中の温度が65℃を超えないこと!

(※麹菌は70℃以上になると死んでしまうので安全策をとって65℃以下にしておきます。)

 

f:id:w-kirei:20170305232838j:plain

 

そして炊飯器の温度が62〜3℃になったら保温に切り替えます。

炊飯器の蓋を閉めるのではなく、布などを被せて置いておきましょう。

布を被せておくことで麹が活発に働くとされる57℃前後で保温されます。

保温時間はざっと8〜10時間。午前に仕込めば夜には完成!

 

 

5:完成した甘酒を冷まして容器に入れて保存

 

10時間ほど保温状態にあった甘酒。

麹も糖化が進み、黄色くとろみのついた感じになります。

 

f:id:w-kirei:20170305234153j:plain

 

さすがにこのままでは冷蔵庫に入れられないので、しばらく冷ましておきます。

そして冷ましたら消毒済みの容器に入れて保存♪

冷蔵保存で1週間、小分けにして冷凍保存したら1ヶ月ほど持ちます。

 

f:id:w-kirei:20170305234607j:plain

(冷蔵用の保存容器。冷凍するなら製氷皿がオススメです)

 

 

さぁ〜〜〜ついに完成!!!

 

味はザ・お米!という感じですが、さすがは甘酒。

粒を噛むほどに口の中で甘みがジュワ〜〜ッと広がります。

そしてこの甘酒、保存日数が経つにつれて甘みが増すのです!

7日目のお味が今から楽しみ〜♡

 

 

*:作り方ざっくりまとめ!

 

f:id:w-kirei:20170305235515j:plain

 

  • 炊飯器でおかゆを炊く
  • 麹をほぐしておかゆに混ぜる
  • 重要!再加熱!!
  • 62〜3℃になったら10時間程度保温
  • 完成したら冷まして容器に詰め保存
  • 《道具の事前消毒を忘れずに!》

 

ざっとこんな感じで手軽に甘酒が作れちゃいます。

仕込みを間違えなければあとは長い時間保温するだけ!

炊飯器の使い方さえわかれば誰でも作れる健康食品♪

あなたも次の週末にでもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか(*´w`*)

 

 《参考文献》

麹でつくる甘酒のレシピ

麹でつくる甘酒のレシピ