読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシとキレイ

ちょっとだけ身体の弱い私の美容ブログ。

【3.11】あの日歩いた2駅は、ひどく長くて遠かった

生活 思うこと

f:id:w-kirei:20170310233709j:plain

 

こんばんは。ジムで太ももを鍛えすぎて筋肉痛を起こしている私です。

トレーニングマシンも使いやすく、日々少しずつではありますが運動量も増えてきているのできっと1ヶ月もしたら「来年の東京マラソン狙うぞ!」とか言っているかもしれません。時期尚早。

 

さて、今日3月11日は東日本大震災が発生した日。

あれからもう6年も経つんですね。

東北地方に襲いかかった強い地震、そして大津波

あの日を境に東北…いや日本中が大きく変わったような気がします。

 

これから話すのは、そんな”震災”を境にライフスタイルが変わった1人の女子高生(当時)の些細なエピソードです。

 

 駅のホームが波打つ恐怖

 

6年前の3月11日。私は高校の定期テストを一夜漬けでこなし、帰りに新しいウォークマンを買いに都内の繁華街に繰り出していました。

無事にウォークマンも買えてウキウキしながら東京メトロの改札を抜けてホームに入った瞬間、震度5弱の揺れに襲われました。

緩やかにカーブの掛かった駅のホームが上下に波打ち、いつも乗っている電車が緊急停止したまま上下に揺れていました。

当然、天井もガタガタ揺れて電気も点いたり消えたり。立て看板みたいなものは全滅でした。

 

「ああ、私きっとここで死ぬんだ」

 

結果無傷で帰宅しましたが、当時は本気で「死ぬかも」と思っていました。

人生で初めて「死」を覚悟した瞬間だったような気がします。

 

「誰にも頼れない」と悟り、徒歩帰宅を決意

 

間も無くホームへの入場制限がかかり、ホームにいた私たちは改札外に出ることを余儀なくされました。

その途中の比較的急な階段を登っている最中にも強い地震に襲われ、手すりに全体重をかけて必死に身を守ったことも鮮明に覚えています。

階段も波打っていましたからね。

 

改札の外には行き場を失ったサラリーマンやOLなどがごった返し、正直安全と言えるような感じではありませんでした。

もちろんホームに留まるよりは断然マシですけどね。

そして地下の人ごみをかき分け、帰宅しようと思い地上に出たのです。

 

「バスは動いてるはず!もしダメならタクシーでも拾おう!」

 

…当然バスは来ず、タクシー乗り場には長蛇の列。

ちなみにここから最寄り駅までは2駅。

あの日、県境を越えて何時間も歩き続けた人が大勢いたことを考えると”たった2駅”と思うかもしれません。

しかし当時私はこの街に引っ越して来てから日が浅く、土地勘はゼロに等しい状態。

立派な帰宅困難者です。家に帰れるかどうかも正直賭けでした。

 

「私、この街のこと全然知らないんだ!」という衝撃

 

幸い、道選択は間違えなかった私。しかし歩いたことのない道を永遠と歩かされるのはなかなかキツいものがありました。

その間も幾度となく余震に襲われ、そのたびに道端にいる人たちも頭を守ったり重心を低くしたりと各々必死で身を守っていました。

街の人たちは驚くほど冷静でしたが、外国人観光客のお兄さんたちは口々に「オーマイガー!」などと叫んでいたのも印象に残っています。

(お兄さんわかるよ…慣れない土地で大きな地震に遭遇したら叫びたくもなるよね…)

 

大きな余震が来るたびにガタガタと揺れる電柱やビルの窓ガラス、明らかにここ1時間のあいだに傾いたと思われる古い公衆電話…そして見たことのない道。

この地獄のコンボをなんとか切り抜けた頃には少し日が傾いていました。

 

あの日は無事に帰れたからよかったものの、「こんなにも土地勘がないなんて…」と自分の地元に対しての無知にショックを受けてしばらく鬱ぎ込んでいたような気がします。

 

あの日を境に”積極的に歩く”習慣が身についた

 

f:id:w-kirei:20170310234302j:plain

 

あの未曾有の大震災を経て、私は学校やバイト先から歩いて帰れるようになりました。

それだけでなく東京の名所やよく知らない街に繰り出しては徒歩で帰るという、なんとなく「何かあった時に...!」という強迫観念のような何かが働いているような感じもありました。

大学に入ってすぐに大学から家まで4時間かけて20㎞歩き倒すミッションをクリアしたり、職場から乗り換えの駅まで歩いたり。

ハザードマップが配られると「ここの道歩いたことある!」のオンパレード。

今では知らない道を歩くのはそこまで苦じゃなくなっています。

 

実際、都内の道を歩いてみると

「ここはちょっと危ないかも」

「うわ、工事中じゃん!」

「ここは震災のときに場所解放してたな」

などといった発見があったりします。

これらが知識として備わり、いざという時にもテンパらずに行動できるようになるのは強みですよね。

(そういえば田園都市線が止まったときに渋谷まで歩いたこともあったなぁ)

 

あの日の体験を教訓として活かすことで震災関連のものを少しずつ受け入れていった節もあったかも。

 

少なくとも私の中では全く風化していない

 

あの日起きたことは今でも鮮明に覚えています。

駅のホームが波打って本気で「死」を覚悟したことも、地元なのに全く土地勘がなくて帰宅がつらくてしょうがなかったことも、そしてテレビに映る悲惨な映像も…

日々いろいろなことを覚えては忘れていくけれど、あの日のことだけはどんなに歳を取っても忘れられない気がします。

 

震災を経て価値観やライフスタイルが変わった私。

それだけ2011年3月11日は今も私の心に大きな爪痕を残しているのです。

もしかしたら今読んでくれているあなたの中にも、あの日以降何かが変わったなと思うことがあるかもしれません…?

絶品!おうちで出来る《おいしい甘酒》の作り方

健康 生活 美容

f:id:w-kirei:20170305213816j:plain

 
こんばんは。突然ですが、このブログのURLが変わりました!
独自ドメインにしてURLもスッキリしたことだし、これからはもっと記事書けるかな♪
 
いや書きます。本気です。信じて!!!
 
******
 
さて、巷では甘酒が大流行しているみたいですね。
我が家でも毎晩母が作った甘酒を飲んでいるのですが、それがめちゃくちゃ美味しいのです。
 
「え、甘酒って作れるの!?」
 
と思っているそこのあなた!
甘酒は米と麹があれば作れますし、なんなら市販のものを買うよりも安く済みます。
炊飯器を使えば簡単にできちゃうのよ(*ノv`)b
 
ということで、今回は家庭で出来るおいしい甘酒の作り方を紹介します♪
 
 《目次》
 

0:準備(用意するもの)

f:id:w-kirei:20170305212507j:plain

今回はあいち赤だし味噌(株)の「手作りこうじ」を使用しました。

 

甘酒作りに必要な材料と道具はこちら!

特別な道具を使わない点がとてもリーズナブル◎

  • 炊飯器
  • 米1合
  • 低温乾燥の米麹
  • しゃもじ
  • ボール
  • 温度計

 

しゃもじとボールは事前に熱湯消毒しておきましょう。

温度計もしっかり洗ってから使うといいですね!

麹菌以外の菌は全てサヨナラしておくのがミソです。

 

さーあ、準備が整ったら早速作っていきましょう♪

 

 

1:米を炊飯器のおかゆモードで炊く

 

f:id:w-kirei:20170305232055j:plain

(このおかゆが甘酒のベースになるのです…!)

 

米1合を炊飯器のおかゆモードで炊きます。 

炊き上がったらしゃもじでしっかりとかき混ぜます。

 

ここでかき混ぜるときに炊飯器の内釜を取らないようにしましょう!

(↑再加熱する際に温度調整ができなくなってしまうので)

 

そして混ぜ終わったらしばらく保温。

温度計で測った時にだいたい62〜3℃になっていたら頃合いです。

おかゆを保温している間に麹の準備をしておきましょう!

 

 

2:ボールに麹を入れてパラッパラにほぐす

 

 おかゆに麹を混ぜる前に、くっついた麹をパラパラにしておきます。

 

f:id:w-kirei:20170305222504j:plain

市販の麹には初めからパラパラになっているものと1つにまとまっているものがあります。

今回使った「手作りこうじ」は四角にまとまっていました。

これはバラし甲斐がありますね(笑)

 

f:id:w-kirei:20170305223845j:plain

 

正直この作業、めちゃくちゃ気持ちいいです。癖になります。

そしてパラパラになった麹がこちら!!

 

f:id:w-kirei:20170305224034j:plain

 

すごい!米みたい!!!

(※米麹です)

 

さあ、この麹を炊飯器に投入しちゃいます♪

 

 

3:おかゆと麹をかき混ぜて馴染ませる

 

先ほどほぐした麹を炊飯器にドバッと入れちゃいます。

そしておかゆと馴染むようにしっかりと混ぜていきましょう。

 

f:id:w-kirei:20170305225810j:plain

\ドバッ/

 

かき混ぜていくうちにおかゆ特有のモッタリ感が無くなってきます。

これは炊飯器の中で麹菌が活動を始めているサイン。

麹って生きているんですね!!

 

f:id:w-kirei:20170305230437j:plain

↑一生懸命かき混ぜすぎて手元がブレてる図

 

 おかゆと麹がうまい具合に混ざると、一旦味見してみたくなるものです。

が…今は我慢!甘酒作りに欠かせないとっても大事な工程が待っているのでね!

 

 

4:おかゆと麹を再加熱する

 

麹を入れてかき混ぜたことによって、炊飯器の中の温度はかなり下がります。

温度が低すぎると麹菌の活動があまり芳しくないので、炊飯器の再加熱モードを使って冷めたおかゆと麹を温めてしまいましょう。

 

ここで大事なのが、炊飯器の中の温度が65℃を超えないこと!

(※麹菌は70℃以上になると死んでしまうので安全策をとって65℃以下にしておきます。)

 

f:id:w-kirei:20170305232838j:plain

 

そして炊飯器の温度が62〜3℃になったら保温に切り替えます。

炊飯器の蓋を閉めるのではなく、布などを被せて置いておきましょう。

布を被せておくことで麹が活発に働くとされる57℃前後で保温されます。

保温時間はざっと8〜10時間。午前に仕込めば夜には完成!

 

 

5:完成した甘酒を冷まして容器に入れて保存

 

10時間ほど保温状態にあった甘酒。

麹も糖化が進み、黄色くとろみのついた感じになります。

 

f:id:w-kirei:20170305234153j:plain

 

さすがにこのままでは冷蔵庫に入れられないので、しばらく冷ましておきます。

そして冷ましたら消毒済みの容器に入れて保存♪

冷蔵保存で1週間、小分けにして冷凍保存したら1ヶ月ほど持ちます。

 

f:id:w-kirei:20170305234607j:plain

(冷蔵用の保存容器。冷凍するなら製氷皿がオススメです)

 

 

さぁ〜〜〜ついに完成!!!

 

味はザ・お米!という感じですが、さすがは甘酒。

粒を噛むほどに口の中で甘みがジュワ〜〜ッと広がります。

そしてこの甘酒、保存日数が経つにつれて甘みが増すのです!

7日目のお味が今から楽しみ〜♡

 

 

*:作り方ざっくりまとめ!

 

f:id:w-kirei:20170305235515j:plain

 

  • 炊飯器でおかゆを炊く
  • 麹をほぐしておかゆに混ぜる
  • 重要!再加熱!!
  • 62〜3℃になったら10時間程度保温
  • 完成したら冷まして容器に詰め保存
  • 《道具の事前消毒を忘れずに!》

 

ざっとこんな感じで手軽に甘酒が作れちゃいます。

仕込みを間違えなければあとは長い時間保温するだけ!

炊飯器の使い方さえわかれば誰でも作れる健康食品♪

あなたも次の週末にでもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか(*´w`*)

 

 《参考文献》

麹でつくる甘酒のレシピ

麹でつくる甘酒のレシピ

 

 

「キラキラ女子」の反対は「シワシワ女子」でいいんだっけ?

ブログ 生活

f:id:w-kirei:20170305003116j:plain

 
お久しぶりです!花粉飛んでますね!!
私はこの時期になると花粉性の皮膚炎に悩まされるので四六時中マスクをつけて生きているのですが、ついこないだマスクをつけてる部分にアトピー再発しました。
 
花粉を避ければよかったのかマスク摩擦を避ければよかったのか。
誰か教えてください。
 
 
さて、こうも更新が滞ってしまうと何のためにブログを始めたのかわからなくなってしまいそうにもなりますが、、
なんだかんだ美容系と闘病系のネタはアップしていくつもりですので温かく(?)見守っていてください。
 
そんな私が今後書いていきたいテーマはこちら!
 
・口を大きく見せたいときに赤リップは逆効果!?
・重度アトピーの私がステロイドを辞めた日(前・後編)
・他人から見た自分は「美人」なのか、それとも「ブス」なのか
・「女の子」であることって、そんなに大事なの?
 
この中で特に重要度が高いのはやはりアトピー治療かなぁ。
あれは大変だった…
(大学4年の前期まるまる包帯巻いて過ごしてたからね)
 
そういうイタいツラい系の話もこれから結構書いていくと思うのでアトピーやアレルギーに興味のある人はぜひ読んでください♪
いつになるかわかりませんが(はよ書け)
 
 
 
 
ここまで読んでくださったあなたはもうお気づきでしょう。
タイトルと記事の内容、全く関係ありません!
え、釣られちゃった??ごめんね!!!!!
 
.
.
.
 
 
あ。しいていうなら私はシワシワ女子です!
乾燥肌やめたい!!!!!!!
 
 
the end...

風邪と勘違いしそう!?急性副鼻腔炎の特徴を4つにまとめてみた

健康

こんにちは、いやこんばんは。
今日は久しぶりのオフだったので(3日ぶり)皮膚科に減感作療法の注射をしに行くついでにスタバの桜なんとかラテを堪能しました。

さくらブロッサムクリームラテ…
わりとしっかり桜の味がしました。
桜食べたことないけど。

〜〜〜


f:id:w-kirei:20170223010436j:plain


さて、今回は少しだけ真面目な話をします。

2週間ほど前に急性副鼻腔炎という病気で緊急搬送された私。
その後一晩入院して回復し、次に診察に行ったときに「実は慢性だった」と言われショックを受けたことはこの前の記事でもちょこっと触れていたりします。


w-kirei.hatenablog.com


副鼻腔炎の診断が出るまでは風邪だと思っていましたし、熱も38℃ほどあったのでインフルではないかと疑ってメンタルからくる寒気に襲われていました。
というか副鼻腔炎で救急車呼ぶとか正直恥ずかしすぎて…


副鼻腔炎は放置すると嗅覚低下や睡眠時無呼吸症候群の原因にもなりうる病気です。
重度になれば酷い頭痛で救急車を呼ぶことだってあります。全く侮れません。


しかし、ある程度症状が進んでも「風邪かな?」と見逃されてしまうケースがあるのも事実。(実際私も風邪だと思って疑わなかったし)


「じゃあ風邪と副鼻腔炎を見分けるにはどんな点に気をつければ良いの?」


というあなたに、急性副鼻腔炎の症状を4つ紹介します。
途中少々汚い表現もあるかもしれませんがご了承ください。

1.鼻水が黄色を極めすぎてもはや緑


「花粉症のときは透明な鼻水で〜、風邪だと黄色いのが出るよ〜!」

みたいな会話を皆さんも人生で1度か2度はしたことがあるでしょう。
実際、私も風邪を引けば鼻水が黄色くなり、鼻炎を起こしたときには透明な鼻水が出てきます。そして副鼻腔炎を起こしたときも鼻水が黄色くなります。


しかし!その黄色味が!!尋常じゃないのです!!!!


風邪で出る鼻水よりもさらに鮮やかな黄色、なかには黄色を通り越してもはや緑色、さらに濃厚なモノになると茶色味がかかっていることも。

本当に凄まじい色をしています。一度見たら二度と忘れません。

※実際のところ副鼻腔炎と鼻水の色に因果関係があるかどうかはわかりませんが、感覚としては風邪のときよりもエグい色してました。

2.強烈な臭いを放つ膿で呼吸が塞がれる


f:id:w-kirei:20170223010627j:plain


先ほど副鼻腔炎の鼻水は色がスゴイ!という話をしましたが、正直色なんかよりも臭いのほうが強烈です。
この臭いを彼氏に嗅がれたら百年の恋も冷め果てるだろうというレベルに凄まじいです。

例えるなら”腐ったタマゴにシリコン溶かしたような臭い”といった感じ。
シリコン溶かしたことないですけどね!

生身の人間がよくもこんな臭いを発せられるな…というくらいに強烈で、堪えがたい臭いです。

そんな悪臭を放つ鼻水(膿)が鼻の中を占拠し、口で呼吸しようにも強烈な臭いで息が吸えません。立派な呼吸困難です。​

3.頬から頭にかけてつらい鈍痛が襲ってくる


鼻全体が塞がり、鼻呼吸ができなくなってしまった身体。
言うまでもなく副鼻腔はしっかり詰まっています。

すると鼻の奥が痛み、頬が痛み、そして頭がズキズキと痛み…搬送される頃には目の付近も痛かったような気がします。

ちなみにレントゲンに写った副鼻腔も隅から隅までほぼ真っ白でした。


これぞ膿のフルコース。最後まで膿たっぷり!


頭がめちゃめちゃ重いんですよ、あと熱い。
鼻から上ほとんどに炎症が広がってしまってもう頭取ってしまいたいくらいキツかったです。

肝心の痛みですが、激痛というよりは鈍痛と言ったほうが合っているかなという感じでした。
しかしこのジワジワくるタイプの痛みがまた厄介だったりするのでね…

4.副鼻腔に溜まってた膿が喉に流れ込む(後鼻漏)


この悪臭極まりない膿が正常な呼吸を妨げていたのは先述の通りですが、コイツが今度は喉に襲いかかってくるんですね。

しかも仰向けになった途端、鼻にいた膿まで喉に落ちてきます!

このような現象のことを医学では「後鼻漏」と言うみたいですね。
文字通り”鼻の後ろから膿が漏れ落ちてる”感じです。


こういう厄介な膿どもはせいぜい一箇所にとどまって抗生剤で散らされてしまえばいいのに…世の中はそう簡単にはいかないものですね…ポイズン……

ちなみにこの膿、寝返りをうつと片方に移動します。
もうどの向きで寝りゃいいんだ!!!

とりあえず鼻水が臭かったら副鼻腔炎を疑おう


f:id:w-kirei:20170223010747j:plain


これら4つの特徴は全て私の経験をもとにしていますが、基本的にはよくある症状とあまり変わらないかと思っています。

この記事を読んでいるあなたも、黄色い鼻水が止まらなくなったら「風邪かな?」と真っ先に思うことでしょう。


しかし、そんなときにはまず鼻水のニオイを嗅いでみてください。


無臭ならそのまま内科へ、臭かったら耳鼻科のある総合病院への受診をお勧めします。
くれぐれも身動きが取れなくなって搬送されることのないように…!

ブログとクレンジングのお引越しをしました。

突然ですが、このブログのお引越しをしました。
見栄を張ってWordPressを使っていましたが、正直あまり使い方がよくわからず(苦笑)
はてなブログに過去記事そのまま移転しちゃいました。
 
まあ過去記事といっても2記事しかないんだけどね!!!
 
 
さて、ブログの移転も終えて心機一転!
先日買ったクレンジングの紹介でもしようかな!!
 
 
\どどっ/
 

f:id:w-kirei:20170221234936j:plain

 
shu uemura ハイパフォーマンス クレンジング オイル アドバンスト クラシック
 
 
何ヶ月も前から気になっていたこのシリーズを先日やっと買えまして、
正直メイク落としが楽しくてしょうがないくらいテンション上がってます。
 
本当はこのシリーズの別のオイルを買おうと思っていたのですが、
店頭で肌の水分量を測ったり悩みを聞いてもらったりしているうちにこっちのほうが合うかもな〜?なんて思って即購入。
 
このオイルは、乾燥しているけどTゾーン周辺がテカってるタイプのいわゆる混合肌を水分脂分のバランスが良くなるよう整えていくという特長があるようです。
 
確かに目元口元の乾燥もTゾーンのテカリも気になるので、クレンジングで少しでも解消されたらいいなぁ〜と淡い期待をしていたりもします。
 
ちなみに肌を調べてもらったら本当に混合肌でした。
脂分量の数値がメーターを振り切っていました。
えっ私そんなに脂っこいの…ショック……
 
少し食生活を見直してみようかなと思いました( ˙灬˙ )
 
 
さて、気になる使い心地ですが!
これがまたすごいんですよね!!!!
何がすごいって、なんかもう、、すごい(語彙力)
 
まず手のひらにオイルを4プッシュして顔に乗せるんですけど、
まぶたにオイル乗せて指で数回なでるだけでマスカラが落ちます。
そして顔全体をマッサージするように馴染ませてぬるま湯で流すと…
 
 
そこにはメイク汚れも毛穴の角栓もない、生まれたままの肌が。
 
 
というのは少し言い過ぎでしたが、実際洗い上がりもつっぱりませんし、
クリームをつけなくても肌のモチモチ感は持続していました。
 
 
恐るべしshu uemura…
 
 
まあ本当に合っているかどうかは使い続けてみなければわからないので
しばらく使ってからまたレポしようかなと思っています。
 
いやぁ〜〜いい買い物した!
 
 
あ、ブログが移転したことでこの記事をお気に入りしたり読者になったりすることができるようになりました!
1プッシュで読者登録できるのでよかったら♪

プラスを目指す前にマイナス面を消すべきだった

ブログ

ご無沙汰しております。 ブログ2記事目にしてすでにこのサボりようです。 いやサボってたわけじゃないんだけどね!

先月の初めにひいた風邪はとっくに治り、その勢いでテストを突破して 「やっと春休みだ!!!!!!」と学生ならではの長い休暇を楽しもうと思った矢先にまた風邪をひきまして。 そして風邪を拗らせて急性副鼻腔炎で緊急搬送されて病院で一晩過ごして今に至ります。

急性副鼻腔炎って熱も出るんだね!! てっきりインフルエンザかと思ったよ危ねえ!!!!

さて、そんな騒動を引き起こした急性副鼻腔炎の症状も一段落し、徐々に普通の生活を取り戻しつつあります。 しかし…てっきりこれで副鼻腔炎とおさらばかと思いきや、耳鼻科医から宣告された病名は

「慢性副鼻腔炎

慢性的に鼻の奥の副鼻腔に膿が溜まっていて今回爆発した、という感じのようです。 さらに鼻の穴の奥には「鼻茸」というポリープができていて、それが副鼻腔に溜まった膿の排出を妨げているのだとか。 ちなみに鼻茸は手術で取る形になります。

手術だってよ!!! ピアスだって開けたことないのに!!!! (なお美容整形はしたことある模様)

そんなこんなで現在は漢方やら抗生物質やら炎症止めやらで症状を和らげています。 手術は夏頃かな〜、それまでにどこまで症状無くなっているかな〜〜。

 

******

実はもともと副鼻腔炎になりやすい体質ではあったんです。

生まれつきのアトピー性皮膚炎で鼻炎持ち。 主にダニやハウスダストやスギ花粉などで鼻やら皮膚やらがグジュグジュになります。 この季節はマスクなしでは外出できません。

それでも去年の春頃から脱ステロイドをしながら減感作療法という”アレルゲンに慣れさせる治療”を始めていて、多少アトピーのほうは落ち着いてきたのに…。 (アトピー治療についてはそのうち詳しく書きます)

アレルゲンに反応して炎症して膿んだものが副鼻腔に溜まって鼻の通りが悪くなる。 そして呼吸が浅くなって免疫が弱くなってまた風邪をひいて炎症が起きる。

この負のスパイラルから抜け出せない限りは美容どころではなかったのです。

二十数年間生きてきてやっとわかったよ母さん… 整形する前に副鼻腔の手術するべきだった……

せっかく美容ブログを始めたというのに蓋を開けてみたらただの闘病記!? みたいなことになるとは思いますが、この記事に行き着いたあなたも 「あぁ。人間、身体が資本だ」的なことを感じてくれたら幸いです。

とりあえず今できそうなことは適度な運動と美味しいご飯と睡眠だと思うので、近いうちにジムの見学にでも行こうかな! 身体が強くなれば治療も美容もうまくいくかな!? 頑張るぞ〜〜〜〜〜!!!

見えない鎖、効かない薬

ブログ 健康 生活 美容

年が明け、日常を取り戻し始めた週末。 マフラーもつけず初売りに出掛けたら見事に風邪を引きました。

初風邪です。めでたくもなんともないわ。

鼻かんだティッシュを片手にパソコンに向かいブログを書く姿はとてもじゃないけどお見せできるものではありません。

******

さて、この記事が『ワタシとキレイ』記念すべき初投稿となります。 1発目からこんな調子じゃ先が思いやられるヽ(´ー`)ノ

このブログではタイトルの通り、「私にとっての”キレイ”」というテーマで世の中に溢れる美容や健康など、”キレイ”にまつわるネタを自分なりに噛み砕いて発信していくつもりです。

調べ物や商品レビューなども織り交ぜながら楽しく充実したブログを作れたらいいな〜。

そして私自身が女性としてどう生きていきたいか、女性を取り巻く現実や問題点など比較的真面目なことにも触れていこうかなと思っています。

このブログを読んでいるあなたの心の片隅にちょっとでも残るような記事が書けたら素敵なのですが・・・今はまず文章を書くことに慣れなきゃね(笑)

******

世の中に溢れる”キレイ”のほとんどは主観と幻想と妄想で出来ている気がします。 正直、私も「キレイって何?」と訊かれたら答えに困るかも。

でもよくわからない、実体がないからこそ求めたり悩んだり心惹かれたりするんですよね。

記事を書いていく中で少しずつ私の中の”キレイ”の定義を見つけていって、このブログと共に成長できればいいなと思っています。

『ワタシとキレイ』を見つけてくれたあなた、これから末長くよろしくお願いします♪

あっ、この時期は風邪もインフルもノロも流行っていますからマスクとマフラーは忘れずに! じゃないと私のように新年早々熱さまシートとボックスティッシュのお世話になっちゃいますよ(泣)

次の投稿までに私の風邪が治っていますように・・・!

krm